本文へスキップ

できることを できる範囲で なるべく楽しみながらやる。 Kadoma Film Commission

社会実験「FAct Eat kadoma ファクトイートカドマ」

門真市駅高架下シアター
逆境だらけのオープンスペース映画館 

門真市駅前の高架下でお昼間の明るいうちから野外映画館を開館。ミニFM局を2局開設し、専用のヘッドホンをつけて映画の音声を共有するシステム「電波くんと受信くん」を開発。1人だけれど独りじゃない。ヘッドホンをつければ皆んながいる。不思議な一体感と没入感をお楽しみいただけます。 2スクリーンを隣接して張り、それぞれ違う映画を上映しました。商業映画が3本。自主制作映画が8本というラインナップです。 会場は京阪本線と大阪モノレールの高架下のオープンスペース。昼間なのに夜のように暗いという冗談が言われるほど暗いですが、まぁまぁ明るいですし、普通に電車やモノレールや、時折、暴走族のような音を立てるバイクが時折走りますが、それも込みの門真市駅高架下シアター。




2021年2月26日から28日にかけて、門真市が、門真市駅と柳町公園で社会実験「FAct Eat Kadoma」が実施。このイベントはFact(ものづくり)・Act(役者・アクション)・Eat(食)が交わる新しいまちの拠点をめざして門真市の企業や市民の方々が多く出会い、交わることのできる社会実験イベントとなっています。

これからの門真の未来を考えるきっかけをつくり出すイベントです。エリアリノベーションとは、低利用の公共空間や空き家、空き地を活用してチャレンジできる場作りやまちの魅力の向上を目指すもので、門真市駅ではキッチンカーなどの飲食関係のイベントと、高架下シアターが展開され、柳町公園ではものづくりワークショップや電動キックボード試乗会が行なわれました。

 


お問い合わせ
門真市駅高架下シアターに関するお問い合わせ窓口



 このページの先頭へ

contents

特定非営利活動法人
門真フィルムコミッション

〒571-0037
大阪府門真市ひえ島町32-8

TEL 06-6914-4427

COVID-19.htmlへのリンク