活動紹介

2016年1月に発足後、2月には市民向けのワークショップ「8回の受講で映画を作るワークショップオーディション」をスタート。25名の市民受講生に月に1度、計32時間に及ぶ俳優養成ワークショップを開催。オリジナルの書き下ろし脚本によるワークショップ受講生出演の映画「あんぱん盆栽ドッチボール」の撮影編集を含めて、無料で実施しました。

3月には門真フィルムコミッション制作の短編映画「歩と抹茶パフェ」(衣笠竜屯監督作品)が完成。同作は7月の神戸元町ショートフィルムフェスティバルに入選し、今年度のイベントの最後を飾る作品として上映されました。

6月には史上初となるオール門真ロケの短編映画「体温37℃のふたり」を制作。門真市民文化会館ルミエールホールの大ホール等での上映会を経て、インターネット上でも無料配信を実施、公開後1ヶ月で鑑賞者数が3000人に到達しました。同作は関前諸島岡村島映画祭に入選し、主演女優賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞の5部門で最優秀賞を受賞。現在、英語字幕を付して世界各国の主要映画祭にエントリー中です。

毎月第2日曜日に門真市民プラザで開催される朝市「門真もん」では、脚本家育成事業の一環として「門真ゆかりの本屋さん 門真文庫」のブースを出店。門真市ゆかりの作家の書籍を紹介しています。

またワークショップ事業としては他にも、「門真の映画友だち欲しい人のための映画教室」を8月27日に門真市立公民館にて開催予定。この映画教室は、2014年より山口県下松市、大阪市、神戸市の各都市で、10回以上開催されている人気の企画。門真市では初開催となります。

9月16日には初の海外アーティスト招致活動となるイベントを予定。海外拠点を有する門真フィルムコミッションがフルートとギターのデュオで人気を博すブラジル人ミュージシャンの「Divina Supernova」を門真市に招致、1478年(文明10年)創建の光明山願得寺にてライブを開催します。