『いのちのダンス』

見えない二人がつなぐ、いのちの奇跡

骨髄バンクの映像コンペ用に制作。セリフなし、映像とダンスだけで物語を紡ぎました。
入選作品の受賞歴
骨髄バンクドナー拡大映像コンペティション審査員特別賞
振付:吉元良太、辻上真理子
演出/編集:橘剛史
ダンサー吉元良太、辻上真理子
門真国際映画祭2018 は、7月27日(金)〜29日(日)の3日間、門真市立公民館で開催されます!

関連記事

門真国際映画祭2018 グランプリ作品「蝉時雨」上映決定!

海外作品部門 短編映画のご案内です!(日本語字幕あります!)

海外作品部門 長編映画のご案内です!(日本語字幕あります!) 

門真国際映画祭2019 第二次審査の結果発表 ダンス映像部門

夏休みワークショップ「宇宙船を飛ばそう!」

門真国際映画祭2018 閉幕の御礼

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です