『センターライン』

 

機械仕掛けの心、生命の証明。

 

自動運転が発達した安全な時代[平成39年]に、自動運転車による交通事故が発生した。

逮捕された自動運転AIは、自らを”MACO2”と名乗り、故意に事故を起こしたと供述。

新人検察官の米子天々音(よなごあまね)は、人工知能による犯罪の立証を余儀なくされる……。

 

キャスト:吉見茉莉奈、星能豊

監督/脚本:下向拓生 撮影監督:JUNPEI SUZUKI 音楽:山口いさお

 

 

関連記事

夏休みワークショップ「宇宙船を飛ばそう!」

門真国際映画祭2018 閉幕の御礼

門真国際映画祭2018公式コマーシャルです♪

プログラム表です。

授賞式登壇のご案内 門真国際映画祭2018

舞台映像部門のご案内-5

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です