【FERO倫理規程のご案内】 FERO 倫理規定

テレビやラジオは、いつでも視聴を中断することができます。放送業界の自主規制によって深夜枠かどうかで番組内容や表現を予測することもできます。一方、映画祭は視聴の中断や会場からの退出が比較的困難で、また映像の内容にどのような表現が含まれているのかを事前に予測しづらい一面があります。

門真国際映画祭では、フィルム エンターテインメント レーティング機構(英語表記「Film Entertainment Rating Organization」、略称「FERO」)という年齢区分による自主規制コードを作成しました。

門真国際映画祭は安全で安心して楽しめる映画祭を目指しています。

門真国際映画祭のプログラムに年齢制限を設定するような作品が入選するかどうかは、まだ審査前ですので、これからのお話なのですが、FERO倫理規定に準拠した年齢制限を設定するからこそ、子供達にも安心して楽しんでもらいつつ、映像クリエイターの自由な創作を阻害しないような運営ができると考えています。

FERO倫理規定は、子供とクリエイターを守るためのガイドラインです。

詳細はこちら→ FERO 倫理規定

 

関連記事

背骨をポンと抜かれるほどの理事会議事録

門真国際映画祭2018 第一次審査発表

クラウドファンディング はじめました!

門真国際映画祭2018 ダンス映像部門作品募集

門真国際映画祭2018 舞台映像部門作品募集

門真国際映画祭2018キャンペーンガール募集中です。

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です