門真国際映画祭2018

 

門真国際映画祭2018は、門真市及び門真市教育委員会の後援事業です。2018年より門真市内にて毎年7月の最終週を開催期間とし、本年は7月27日~29日の金土日に開催します。初日の金曜日は夕刻から夜8時まで、土日は朝10時頃から夜8時頃までを開催時間とし、国内外を問わず自主制作映画を公募。有識者と市民審査員によるコンペを経て、入選作を上映。本映画祭最終日には上映作品の優劣を定め、門真国際映画祭最優秀賞(Kadoma International Film Festival Grand Prix)などの贈呈式を行います。

また当団体はニューヨークで毎年6月に開催されている映画祭「NY JapanCineFest」と提携関係を結ばせていただいており、門真国際映画祭の上映作品の中から現地のプロデューサー達が優秀と認めた作品は、翌年のNY JapanCineFestならびにワシントンD.C.、ヒューストン、ボストン、サンフランシスコ等アメリカ各地で行われる映画祭で上映されます。(上映作品の選考は門真国際映画祭終了後に行われます。)

 

門真国際映画祭2018では、長編、中編、短編映画の作品を募集しております。

 

■募集期間2018年 2月28日~4月30日※当日消印有効

 

■結果発表
第1次審査、第2次審査及び最終審査の通過作品には実行委員会より、通知させていただきます。
また順次、公式サイトやブログ、SNSなどでも発表させていただきます。

第1次審査選考日 5月15日(火)審査開始

第2次審査選考日 6月15日(金)審査開始(審議終了後、上映作品決定)

最終審査選考日  7月29日(日)当日審査(審議終了後、同日発表)

■応募手数料
短編1作品1000円 中長編1作品2000円

※手数料の全額を映画祭の運営費に充当させていただいております。
作品応募後、第1次審査の選考日 515日(火)までに下記指定口座にご入金ください。

 

ゆうちょ銀行 普通口座 支店名 408 口座番号 3211555 門真フィルムコミッション
※振替の入力画面で必ず氏名をご入力ください。
■応募資格
短編映画 30分以内のオリジナル映像作品
中長編映画 30分を超えるオリジナル映像作品
プロ、アマ、ジャンルを問わず、どなたでも応募可能です。

■応募先
〒571-0037 大阪府門真市ひえ島647-17
特定非営利活動法人 門真フィルムコミッション 門真国際映画祭作品募集係

■応募方法
必要事項を記載した応募用紙を同封の上、作品のDVDを3枚ご送付ください。その際DVDの盤面には、作品名、監督名、上映時間をお書き添えください。

※作品発送後2週間を超えても受領連絡がない場合はこちらまでご連絡をください。→info@kadoma-film.com

 

【注意事項】
※ 送付前にDVD応募作の再生確認をお願いします。

※ 応募作品のご返却はできません。必ずオリジナルデータではなくコピーを3枚送付してください。

※ 使用した音楽や映像、画像など第三者の著作物については使用許諾を得た上でご応募ください。

※ 応募作品の著作権は著作者に帰属しますが、主催者や実行委員会が映画祭に関連して行う広報活動において、作品の一部を宣伝用素材として使用する場合がございます。

※ 外国語による作品は、日本語字幕あるいは日本語吹き替えを作品に付随させてください。

※ 作品の内容が以下に該当すると実行委員会が判断した場合、応募者への通知などを行わずに審査対象から除外する場合があり、受賞の取り消しや該当作品の削除を行う可能性があります。

1.公序良俗に反する内容が含まれる作品。

2.第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害している作品。

3.第三者への誹謗中傷、名誉毀損、不利益をもたらす可能性のある内容が含まれる作品。

4.その他、実行委員会が不適切と判断する作品。

【免責事項】

  •  応募に関する送料などは応募者のご負担となります。
  •  応募作品のお取り扱いには常に細心の注意を払っておりますが、不慮の事故や輸送中の損傷、紛失などについては責任を負いかねます。あらかじめご了承下さい。
  •  第三者の方から権利侵害や損害賠償などの申し立てがなされた場合、応募者の責任と負担でご対応ください。主催者及び実行委員会は一切の責任を負いません。
  •  著作権、肖像権、商標権及び意匠権などの権利処理に関しては、応募者の自己責任において確認するものとします。
  •  応募者が権利確認を怠ったことにより生じた損害、または第三者との間に発生した紛争について、主催者及び実行委員会は一切の責任を負うものではありません。
  •  審査基準や審査結果に関してはお答えできかねます。
  •  応募用紙に記載された住所に宛てて賞状などの送付をさせていただく場合がございます。
応募用紙は、こちら↓
entry_2018応募用紙Word
entry_2018応募用紙PDF

 

 

関連記事

夏休みワークショップ「宇宙船を飛ばそう!」

門真国際映画祭2018 閉幕の御礼

門真国際映画祭2018公式コマーシャルです♪

プログラム表です。

授賞式登壇のご案内 門真国際映画祭2018

舞台映像部門のご案内-5

コメント

  1. 本谷英一

    映画祭と言いますが、ドキュメンタリーとか記録映像の参加は認められますか、又DVcamで撮影した作品も参加できますか。

    • kadoma-film_cutegirl 作成者

      ご質問ありがとうございます。

      門真映画祭では、ドキュメンタリー作品を含めフィクション、ノンフィクションの隔てなく、ご応募いただけます。

      また提出される記録メディアがDVDであればご応募いただけます。

      どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 本谷英一

    応募作品は映画以外でも可能ですか、例えば野生動物の記録映像とかドキュメンタリー手法の映像は参加可能ですか。

    • kadoma-film_cutegirl 作成者

      ドキュメンタリー作品もご応募いただけます。
      どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です