2017年1月23日、法人化。特定非営利活動法人 門真フィルムコミッションと名称を改める。

1月11日、餃子部の活動として「京阪枚方駅大阪王将餃子食べ放題1000円」というイベントを主催。

2月18日、門真フィルムコミッション主催「お写んぽ会 2017 京都 梅の見頃」と銘打ち写真部の撮影会を実施。2月25日には「お写んぽ会 2017 京都 梅の見頃フォトコンテスト」を主催。

2月19日、門真市市制50周年記念事業として2014年に発足した「みんなでつくる門真の第九」という一般参加を含む1000人以上の市民コンサートの撮影を門真フィルムコミッションとしての担当。

3月25日、昨年好評であった「8回の受講で映画をつくるワークショップオーディション」の第2期がスタート。公募による市民、24名と長編映画『受け身男子の落とし方』をつくるための月に1度のワークショップを主催する。

4月23日、依頼を受け、門真市民文化会館ルミエールホールにて、「みんなでつくる門真の第九DVD上映会」を開催。

4月29日、「弁天池スプリングカーニバル」に参加。イベントの撮影と、ドローンの展示、そしてプロのカメラマンによる「野外写真館」を門真フィルムコミッション写真部としてブース展開。当日の模様は公益社団法人 門真市シルバー人材センターの依頼により動画撮影を担当する。

5月6日、2回目となる海外アーティスト招致事業コンサート企画「門真願得寺」を開催。国際的に高く評価されている8弦ブラームスギターの名手・Joseph Ehrenpreis(ジョセフエアレンプライス)の初来日コンサートで、当日はジョセフと共に、スペシャルゲストとして NHK木曜時代劇『銀二貫』の音楽や、日本テレビ『妖怪人間ベム』、『ど根性ガエル』、『フランケンシュタインの恋』といった錚々たるドラマや『24時間テレビ 愛は地球を救う』などの音楽を担当している日本のミュージックソー奏者サキタハジメ氏による即興音楽付きで作家 奈須崇による描き下ろしのオリジナル紙芝居の上演などを行う。

6月11日、泉大津市旭幼稚園からの依頼を受け、園の保育参観で紙芝居『ドルバレルとフムゥリカの冒険』を披露。200人の前で紙芝居を披露するにあたり、通常の紙芝居にパワーポイントとプロジェックターを駆使して、100インチのスクリーンに紙芝居を映写。初となるパワポ紙芝居を行う。

6月17日、富田林市と1000smilesARTからの依頼を受けて公共の大伴プールにペイントをするという壮大なイベント『アートなプール開き』の動画撮影を担当する。

6月27日、平成29年 門真市男女共同参画週間講演会にて理事長の奈須が講演を行う。元ランニングシアターダッシュの看板女優である佐久間京子と朗読劇『舞台女優の妻と舞台俳優の夫』を上演。講演会では『いくつかの理論とその検証』と題して、およそ1時間30分ほど講演会の弁士を務める。「ハラスメントは人による論」、「介護の担い手7対3でええんか論」、「喜劇俳優的アプローチ家庭を明るくする論」といった理論を面白おかしく披露し、当日の模様は地元の新聞社の紙面に取り上げられるほど好評を博す。

8月12日、画家の目ファッションショー会場内において、門真フィルムコミッションオーデション特設ブースを開催。100名を超えるモデルの中から、2名を選出。長編映画「受け身男子の落とし方」にメインキャストの2人が恋に落ちる魅力的な女の子という役どころでご出演いただく。当映画は2018年秋の公開を予定。

8月20日、第3回目となる海外アーティスト招致事業「門真願得寺」を開催。ゲストに世界で活躍する舞台俳優であるSPACの奥野晃士さんと、フジロックフェスなどへの出演経験がおありのマリンバ奏者 永吉真弓さんをお迎えし、「坂本龍馬を斬った男-今井信郎の半生-」という演目で朗読劇を開催。

9月15日-18日、門真フィルムコミッションが主催する関前諸島岡村島映画祭のイベントの一環として、愛媛県今治市で「4日間で映画をつくるワークショップ」を開催。岡村島の島民たちによる短編無声映画「名刀、愛媛新聞にて候!」の撮影を敢行。棒状に丸めた新聞紙による殺陣教室や、殺陣の動きを取り入れたストレッチ体操など、高齢者向けのワークショップを展開。

11月4日、3回目となる海外アーティスト招致事業コンサート企画「門真願得寺」を開催。ゲストに世界で活躍する20世紀ギターの名手植木和輝さん、フルート奏者としてご活躍されている手島尚子さんを招致。20世紀ギターの豊かな音色とフルートの繊細な響きが門真市の有形文化財である願得寺を華やかに彩りました。

11月10日、11日、第2回関前諸島岡村島映画祭を今治市の後援事業として実施。短編無声映画「名刀、愛媛新聞にて候!」が島の映画として特別上映される。

11月18日、「理事だけで映画をつくる企画」により、80秒の超短編映画「菜」(監督:金哲義)を制作。八尾80映画祭において全国公募作品の中から「菜」が入選。

11月23日、弁天池公園ふれあい感謝祭のイベント動画撮影を担当。

11月25日、公益社団法人門真市シルバー人材センターのイベント「歩こう会」に同行し動画の撮影担当する。

関連記事

2018年

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です