平素は特定非営利活動法人門真フィルムコミッションの事業に対し、格別のご高配を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆様及び関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 門真フィルムコミッションでは、政府より発出された新型インフルエンザ特別措置法第32条に基づく緊急事態宣言及び各自治体による感染症対策の要請を踏まえて、また「ふれあい映画館 -地域のリビングづくり-」など特に高齢の方を対象としたイベントを展開していたこともあり、令和2年2月20日以降、全てのイベントの開催を自粛させて頂いております。長らくの事業の停滞により、お客様並びに関係者の皆様にはご不便とご迷惑をお掛けしております事を深くお詫び申し上げます。

 さて、昨日5月14日、大阪府新型コロナ警戒信号が緑色に変わりました。逼迫した医療現場の状況も全体として改善傾向にあることから、アフターコロナへの新たな歩みがはじまった日となりましたが、門真フィルムコミッションでは引き続き当面のイベントを自粛させていただきます。

 また8月に開催を予定しております門真国際映画祭を含む今後の事業展開におきまして、事業継続に向けたご声援も多く寄せられており、大きな励みとなっております。

 他業種の多くの事業主の皆様と同様に活動費を捻出することも困難な状況となっておりますが、お客様とスタッフの安全と安心を最優先に考え、慎重に段階的に未来を見据えて準備を進めて参ります。

 イベント事業の再開に向けて、感染防止策を徹底し、皆様に安心してお楽しみ頂けるよう引き続き努力してまいりますので、今後とも何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

門真国際映画祭運営事務局 代表
特定非営利活動法人 門真フィルムコミッション 理事長 奈須 崇

関連記事

WEB会場創設のご案内。

Kadoma International Film Festival 2020 NARRATIVE Foreign Films Category Official Selections

舞台公演中止及び延期の判断をされた皆様へ。

門真国際映画祭2020 公募開始は12月1日からです。

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です