自粛要請。
公演中止。
劇場閉鎖。

演劇の公演準備はおおよそ1年前から始まります。演劇人の中には食べる物や着る物を切り詰め、遊ぶこともなく、毎日芝居のことを考えて暮らし、稽古とバイトを繰り返し、より一層、感動的な舞台にしようと、面白いものにしようと、お客様の心に残る公演にしようと、人生を演劇に捧げるようにして日々の生活をしている人が大勢います。

純粋な努力を折り重ね、ようやくスポットライトを浴びる。それが劇場でおこなわれる舞台の本番です。

門真国際映画祭2020では、新型コロナウイルス感染症の影響で予定されていた舞台公演を中止や延期にされた劇団及びプロデュース公演の過去作品のエントリー料を全額免除させていただきます。

今、できること。

門真国際映画祭運営事務局は、新型コロナウイルスと闘うすべての人を応援しています。

ご応募の際は、中止や延期になった公演のタイトルと公演日程をエントリーフォームの備考欄にお書き添えください。
門真国際映画祭の舞台映像部門で心を込めて審査をさせていただきます。

https://www.kadoma-filmfes.com/

関連記事

門真国際映画祭2020 公募開始は12月1日からです。

門真国際映画祭2019 舞台映像部門 主演女優賞ノミネートの発表です。

門真国際映画祭2019 舞台映像部門 主演男優賞のノミネートの発表です。

門真国際映画祭2019 舞台映像部門 助演女優賞のノミネートの発表です。

門真国際映画祭2019 舞台映像部門 助演男優賞のノミネートの発表です。

門真国際映画祭2019 舞台映像部門 第二次審査結果発表

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です